しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Unity URP でスプライトに影をつける

※ これは 2022/02/18 時点の Unity 2021.2.11f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

暗号化データの読み書きができたので、今回はちまたで話題の HD-2D のような実装を試してみたい

本家 HD-2DUnreal Engine で実装されているが、技術的には十分 Unity でもできるはず

とりあえず今回ははじめの一歩、Unity の URP で 3D 空間に建てた Sprite に影がつくようにしてみたい

たんに Sprite をたてても、Sprite Lit ShaderLight 2D 専用で、こんな感じで影はつかないので・・・

f:id:matatabi_ux:20220218203221p:plain
Sprite Lit Shader は 3D の Lighting が反映されない

スポンサードリンク

続きを読む

Unity で MessagePack for C# を利用する(暗号化)

※ これは 2022/02/03 時点の Unity 2021.2.10f1、MessagePack for C# v2.3.85 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回、MessagePack for C# のファイルへの読み書きができたので、さらに暗号化・復号化を組み合わせて堅牢にしてみる

スポンサードリンク

続きを読む

Unity で MessagePack for C# を利用する(ファイル入出力)

※ これは 2022/02/03 時点の Unity 2021.2.10f1、MessagePack for C# v2.3.85 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回、MessagePack for C#シリアライズ、デシリアライズができたので、ファイルへの読み書きをやってみる

スポンサードリンク

続きを読む

Unity で MessagePack for C# を利用する(コード生成)

※ これは 2022/01/21 時点の Unity 2021.2.8f1、MessagePack for C# v2.3.85 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回、MessagePack for C# を使用できるように準備をしたので、さっそく使ってみる

とりあえず、Unity で使う上でほぼ必須となる AOT コンパイラ対応用のコード生成とシリアライザの動作確認をする

スポンサードリンク

続きを読む

Unity で MessagePack for C# を利用する(準備まで)

※ これは 2022/01/21 時点の Unity 2021.2.8f1、MessagePack for C# v2.3.85 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Unity の基盤ライブラリを実装する上でデータの永続化を考えないわけにはいかない

Unity の標準機能を利用する場合、PlayerPrefs を使用することになるが、これは機能が貧弱で圧縮率、読み書き速度、データ型の柔軟性のどれをとってもイマイチ

・・・というわけでここはカリカリにチューニングされている MessagePack for C# を採用し、まずは使用できるように準備をする

スポンサードリンク

続きを読む

Unity で音源ファイルのパスを列挙値から取得できるようにする

※ これは 2022/01/14 時点の Unity 2021.2.8f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回は列挙型(enum)の記述を partial によって既定部分とアプリごとに追記する部分みたいな分散記述をできるようにした

この仕組みを使って今度は Unity の音源ファイルの場所を調べて列挙値コードを自動生成することで、列挙値で音源ファイルの配置パスを取得できるようにしたい

f:id:matatabi_ux:20220114224601p:plain
音源ファイルを読み取って列挙値コード生成

スポンサードリンク

続きを読む

C# の列挙型風のクラスで partial 記述ができるようにする

※ これは 2022/01/01 時点の Unity 2021.2.7f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Packages 管理の自作基盤ライブラリで Assets 側にテンプレートファイルをコピーできるようにしたものの、列挙型(enum)の記述を partial によって既定部分とアプリごとに追記する部分みたいな分散記述ができなくて困った

これを何とかする

スポンサードリンク

続きを読む

Unity 2021 でローカルパッケージにテンプレートファイルを含めるようにする

※ これは 2022/01/01 時点の Unity 2021.2.7f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

あけましておめでとうございます!今年もよろしゅう~

Packages 管理の自作基盤ライブラリで Assets 側にアプリアイコン画像などテンプレートファイルを下記のようにコピーできるようにしたい

f:id:matatabi_ux:20220103104134p:plain
テンプレートファイルのコピー

ただの画像ファイルならこのままでもなんとかなりそうだが、.cs ファイルなどだとライブラリ側とアプリ側で競合してエラーが起きるのでひと工夫が必要

スポンサードリンク

続きを読む

Unity 2021 でローカルパッケージから名前空間のない外部ライブラリを参照する

※ これは 2021/12/16 時点の Unity 2021.2.6f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Packages 管理の自作基盤ライブラリの移行を進めているとまたコンパイルエラー!

f:id:matatabi_ux:20211216203930p:plain
また見つからない系エラー

今度は Asset Store からインポートした下記 Precise Locale というライブラリの参照ができない模様

スポンサードリンク

続きを読む

Unity 2021 でローカルパッケージから外部ライブラリを参照する

※ これは 2021/12/03 時点の Unity 2021.2.5f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回、Packages 管理の自作基盤ライブラリで出ていた警告に対応したので、スクリプトの移行を進めていると新たにコンパイルエラー!

f:id:matatabi_ux:20211210201234p:plain
UniRx が見つからないエラー

UniRx が見つからないエラー・・・

スポンサードリンク

続きを読む

スポンサードリンク