しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Microsoft MVP 卒業

5年間受賞いただいていた Micrsoft MVP ですが、今年度で卒業になりました

実は今回は審査応募はせず自主的な辞退をさせていただいてます

理由としては、前年度は MVP にふさわしいような活動ができなかったということと、これから先、実装技術よりもビジュアルデザインやプロモーションなどの領域に力を入れていきたいと思うからです

f:id:matatabi_ux:20200626213742p:plain
Blender & Unity で 3DCG 作ったり、Illustratorベクター画像を描いてます

・・・エンジニアの皮をかぶっていますが、中身はただのメンタリスト(心理屋)なのでね!

Microsoft の各関係者さまには大変お世話になりました・・・特に森口さん、いろいろとありがとうございます

もっとふさわしい若い人たちが他にたくさんいると思うので!そういう方たちにそろそろ引き継いでもらわないとね!

もし機会があれば復帰するかもしれないですが、以上、とりあえずただの人に戻ります、というご報告でした!

Unity Shader Graph でテクスチャをスクロールさせる

※ これは 2020/06/19 時点の Unity 2019.4.1f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

今回は Shader Graph で指定したテクスチャ画像のパターンを水平にスクロールさせてみたい

スポンサードリンク

やったことは前回までの Graph の Sample Texture 2D ノードの UV(2) のところに Tiling And Offset ノード、さらに Tiling And Offset ノードの Offset(2)Vector 2 ノードをつないだ

最後に Time ノードを追加して、Time(1)Vector 2 ノードの X(1) をつなぐと・・・動いた!

このシェーダーを使えばかんたんに表面のテクスチャが動く演出ができそう

6/26(金)C# Tokyo#13 に登壇します

すでにだいぶ前から公開されていますが C# Tokyo の Unity 祭りでオンライン登壇することになりました

csharp-tokyo.connpass.com

自分の担当セッションは「スマホアプリで資産形成のススメ 〜Unity + Firebase でおこづかい獲得〜」というタイトルです

Unity 祭りなのに Unity ほぼ関係ない技術要素がほとんどない話します

・・・なので自分のセッション「以外」がおすすめです!

どうみても場違いじゃない?って聞いたんですけど、だがそれがいいと言われたので気にしないことにしました!

スポンサードリンク

Unity Shader Graph で型抜き表示

※ これは 2020/05/29 時点の Unity 2019.3.15f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

今回は Shader Graph で前回表示した縦じまをねこ型にくりぬいてみたい

用意したのはこんな感じの背景透過画像

f:id:matatabi_ux:20200605224054p:plain
ねこ型画像(黒い部分は透過色)

続きを読む

Unity Shader Graph で画像を表示

※ これは 2020/05/29 時点の Unity 2019.3.15f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Shader Graph が使えるようになったので、とりあえず基礎の確認

入力された画像テクスチャをそのまま出力するグラフを作ってみる

続きを読む

Unity で Shader Graph を作ってみる

※ これは 2020/05/22 時点の Unity 2019.3.14f1 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

CSS はここまでにして、ちょっと自作アプリで必要になったので以前ちょっとだけ触った Unity の Shader Graph を、とりあえず使えるようにするところまで改めて試したい

unity.com

続きを読む

引用文を CSS でそれっぽく表示する

※ これは 2020/04/10 時点の font awasome v5.13.0 の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

ちまたでは12連休だそうですが、こちらはリモートワークなので通常営業です!

今回は Font Awesome を利用して下記のような引用文を CSS で記述してみます

世界を敵に回してもねこを愛してる

部屋はねこのおもちゃまみれ、ねこ吸いは呼吸の一種、ねことの毎日が幸せすぎて…。

続きを読む

スポンサードリンク