しっぽを追いかけて

ぐるぐるしながら考えています

Unity と猫の話題が中心   掲載内容は個人の私見であり、所属組織の見解ではありません

Blender 2.8 で複数の頂点の位置を一括でそろえる

※ これは 2018/12/28 Blender 2.80 Beta 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

Blender 2.80 でも複数頂点の高さを下記のように一括でそろえる機能は健在なようなので、操作を確かめてみます

f:id:matatabi_ux:20190112121527p:plain
頂点の高さをそろえる

続きを読む

Blender 2.8 で入力キーを画面に表示する

※ これは 2018/12/28 Blender 2.80 Beta 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

とりあえず Unity への Blender で作成した 3D モデルの取り込みはできましたが、今度は入力キーを画面に表示する機能を有効にしたい!

まだ Blender 2.80 には 2.79 までで用意されていた Screencast Keys のアドオンがプリインされていないようでした

f:id:matatabi_ux:20181228215527p:plain
Screencast keys アドオンがない

探してみたところ、jayanam という方が近い機能のアドオンを公開されていました

www.youtube.com

こちらを利用させていただくことにします

続きを読む

Blender 2.80 で作った 3D モデルを Unity にインポートする

※ これは 2018/12/21 Blender 2.80 Beta, Unity 2018.3.0f2 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回は Blender 2.80 Beta の日本語化ができたので、今回は下記のような Blender で作ったモデルの Unity へのインポートを試してみます

f:id:matatabi_ux:20181221231251p:plain
Blender の 3D モデル

続きを読む

Blender 2.80 を日本語化する

※ これは 2019/1/11 Blender 2.80 Beta 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

ちょっと前回までの Unity からは離れて 3D モデリングツールの Blender のベータ版 v2.80 をインストールしたいと思います

ただのバージョンアップと思いきや、実は v2.79 とは劇的に変わっているからです!

まずは下記サイトを開いて「Try Blender 2.80 Beta」のボタンを押下

www.blender.org

続きを読む

Unity のシェーダーグラフで描画する軌跡をアニメーションさせる

※ これは 2018/12/07 Unity 2018.3.0b12 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回インストールした軽量レンダリングパイプライン、ただ描画負荷をおさえるだけでなく、UI 操作でグラフィック処理が作成できるシェーダーグラフというものが使えるようになります

そこで、今回はこのシェーダーグラフを利用して、運動軌跡の予測線をアニメーションさせてみたいと思います

続きを読む

Unity で MR 機器用に軽量レンダリングを有効にする

※ これは 2018/11/02 Unity 2018.3.0b8 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回はボールの運動軌道を予測して描画しました

ただ、MR 機器はどちらかというと PC よりもスマホに代表されるようなモバイル機器に分類される程度の描画性能しかもっていないため、これまでの Unity のデフォルト設定だとちょっと負荷が大きいかもしれません

ということで今回は、Unity 2018.1 よりリリースされている軽量レンダリング、Lightweight Render Pipelineを有効にしてみたいと思います

blogs.unity3d.com

続きを読む

人間工学専門家の認定が更新されました

活動量が少なすぎて申し訳ないくらいなのですが、人間工学専門家の認定を更新していただきました

f:id:matatabi_ux:20181115195954j:plain

平日開催のイベントが多くて最近は全然参加できず・・・認定停止もやむなしくらいだったのですが

もうちょい頑張れ!と言われた思って何とかこっち方面の活動を増やしたいところです;

12/8(土)わんくま勉強会@東京#114 に登壇します

来たる 12/8(土)の わんくま勉強会東京#114 にスピーカーとして登壇することになりました

www.wankuma.com


10:40 ~ 11:00 開場・受付開始

11:00 ~ 11:10 わんくまについて

11:10 ~ 12:00 「C++iOSアプリを作ろう!!」 by 西山信行さん Lv.1くまー

13:00 ~ 13:30 ライトニングトーク

13:40 ~ 14:30 「簡単な素数のお話」 by ゆうさん Lv.1くまー

14:40 ~ 15:20 「世界を席巻する「ハイパーカジュアルゲーム」」 by matatabi-uxさん Lv.1くまー

15:30 ~ 16:20 「C#/.NET カスタム非同期フレームワーク実装」 by 赤坂玲音さん Lv.3くまー

17:00 ~ 懇親会


会場情報:お菜家

住所:東京都 渋谷区 千駄ケ谷5-32-7 NOF南新宿ビル1F

Telephone 03-3352-0898

参加料(寄付):目安1,000円

まだぜんぜん原稿も書いていないのですが、内容はひそかにヒットを飛ばし続けているハイパーカジュアルゲームの紹介です

技術的な情報は一切ないのでだれでもわかるようなお話になると思います

Unity で物理運動の軌跡を予測して描画する

※ これは 2018/11/02 Unity 2018.3.0b8 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回は引っぱり操作を矢印として描画しました

今回はさらにボールの発射後の軌跡を予測して下記のように描画してみたいと思います

f:id:matatabi_ux:20181102214746p:plain

続きを読む

Unity で引っぱり操作の方向を矢印画像で描画する

※ これは 2018/10/26 Unity 2018.3.0b7 時点の情報です

最新版では動作が異なる可能性がありますのでご注意ください

前回は Unity でボールを飛ばすための引っぱり操作を実装してみました

引っぱり操作の方向は単なる直線でしたが、今回はこれを下記のような矢印の画像にしてみたいと思います

f:id:matatabi_ux:20181026212918p:plain

続きを読む